栃木のどこでもセフレと呼ばれます

栃木の多年草。全国のどこにでもある草本植物。
名前が付けられたのは、細い茎の先端に長い髪の付いたふさふさした耳が犬の尻尾のように見えるためです。
猫とも呼ばれます。
晩秋には葉が色づき美しいため、秋の季節といわれています。
花言葉は「栃木」「遊び」

栃木でセフレ

あなたの手に猫の人形がある場合
(山口精工)
良い秋と犬
(小林一茶)

栃木の落ちた色はかなり良いですが、夏の猫が夏の畑で手を振っているのはかなり良いと思います。
町でも、街路樹と同じように成長する猫を見ることができます。

猫の耳を見ると病みつきになります。どこかではなく、宮沢賢治の童話の世界を懐かしく思います。

稲を育てているような風を感じさせる草です。
「夏の薄手/ 栃木」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です