私が想像したセフレは栃木に住んでいる

アパートに着くと、部屋の中はぐちゃぐちゃになっていて、まるで旋風に巻き込まれたかのように足場がなく、彼女が住んでいる部屋の中は、ひどい香りのかわいいセフレの部屋でした。私が想像した妄想は音もなく崩壊した。エントランスホールには色々な靴が散らばっていて、狭い廊下から雑誌から居間にはぬいぐるみや洋服など色々なものが散らばっていました。野良猫が足元に浮かび上がり、飼い猫(汚い)だと主張した。
クッションの代わりに靴を履いて登れるセフレ部屋に横たわっているジャニターレの雑誌を横に座っていたとき、彼女の腰に腕を回してみたので、ついにそれを覆って服を脱いだ。すると、女性もズボンを下ろして「うわー」と言って、きしむ音を立てながらしゃぶり始めました!その時、スカートを脱いで薄緑色の下着を一気に脱いだ。女性だと思っていた股間部分に小さなサオが生えています。

また、セフレ状態です

ただの女性だと思っていた男性を見たとき、恥ずかしがり屋の顔で見下ろしました。どうしたらいいのかわからずしばらく戸惑うと、「舐めてほしい…」と呟いたので、できるだけ口で遊んで楽しんだ。シャワーを降りると、まずは着替えて待っていました。何度試しても可愛い女の子しか見えませんでした。
しかし男
良かったのですが、少し戸惑いました。何も言わなかった。着替えを終えたときに何か見ましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です