真剣に栃木の童貞の事を考える春

男の子「えっと、どうしよう?」

栃木の童貞「えかじじ(以下略)

少年「真剣に考えなさい!」

ワイ「うるせ!人気!おしっこ!」

栃木で【童貞好き女子】と出会った旅 〜その方法をじっくり解説

少年「無理!」

理不尽だと思う
昨年11月、庭の一部にチューリップの球根を植えました

栃木の童貞の年の9月に発生した台風で家屋や庭が氾濫しましたが、廃墟の敷地に来春のかわいい訪問者を想像し、色とりどりの植物をいくつか植えました。

今年の2月ごろ、その愚かなモグラは地下の台風になり、周囲の土を掘り起こし、荒れ狂いました。
その後、4月には多くの災害にもかかわらずチューリップが咲きます。

それは…何を表現するかです

成長の良い花と大きさの違う花が一気に咲きました

ひまわりを咲かせた昔、咲き具合の悪さと魅力的な姿に思わず笑ってしまいました。愛情を込めて「バスひまわり」と名付けた覚えがあります

「バスひまわり」はある夏を生き延び、栃木の童貞でありながら最高の笑顔を見せた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です